2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年4月26日 (水)

信用保証協会情報

神奈川県内の信用保証協会の「中小企業会計割引制度」の終了時期について(お知らせ)
平成25年度から保証協会において全国統一で行っている「中小企業の会計に関する基本要領」に基づく信用保証料の割引制度については、平成29年3月31日をもって取扱いを終了することとなりました。
しかしながら、現在保証申込を検討いただいている方の負担を勘案し、制度の終了に伴う周知期間として、平成29年4月1日から平成29年6月30日まで受付を行うこととし、その期間内においては、保証料割引を引き続き行なうことといたしますので、ご承知おきください。
詳細につきましては、各信用保証協会にお問い合わせ下さいますようお願いいたします。
〇 神奈川県信用保証協会ホームページ http://www.cgc-kanagawa.or.jp/
〇 横浜市信用保証協会ホームページ  http://www.sinpo-yokohama.or.jp/
〇 川崎市信用保証協会ホームページ  http://www.cgc-kawasaki.or.jp/

【居住用財産譲渡の3000万円控除の注意点】

確定申告の中で毎年多い注意事案をご紹介します。不動産関連事業の皆様やこれから自宅の譲渡を予定している方は参考にしてください。
税務署とのトラブルの多い事案は、売却された建物の登記簿謄本(登記事項証明書)をみると、種類のところが、「居宅」ではなく、「居宅・事務所」や「居宅・店舗」等と居宅以外の種類が記載されている事が以外にあります。この場合、税務署は建物の一部が居住用以外と思い特例の適用を否認してくるケースがあります。最終的な建物の利用状況が居宅の場合でも、通常は譲渡後に建物は取り壊されているケースがほとんどなので、譲渡後に証明するのが難しくなります。このようなケースでは譲渡前に全部を居宅として利用していた証明を写真や図面で残しておくことをおすすめします。
やはり譲渡の後より、譲渡の前に税金の専門家に相談しておくことをおすすめします。

2017年1月 5日 (木)

無料!税務個別相談会のご案内!

謹賀新年
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
当社は、本日より平常営業しております。

新春情報第1弾として、“無料”の税務申告 個別相談会をご案内いたします。
平成28年度確定申告ももうすぐです。昨年不動産を売買したり、不動産の貸付を始めたり、生命保険の一時金の収入があったりして、確定申告が必要な方は是非ご利用ください!確定申告以外の相続税等の税金に関する質問もOKです!

日時 平成29年1月21日(土)、22日(日) 10:00~16:00 相談時間※60分
会場 税理士法人誠和コンサルティング 武蔵中原駅 徒歩5分
※車でのご来社もOKです、駐車場ございます。

※事前予約制となります、お申し込みは、
 まちの専門家グループ事務局 ラックコンサルタントまで 044-711-6551

20170121_5













2016年11月11日 (金)

H27事務年度 法人の税務調査データ

【法人の税務調査に関する最新データ】
平成27事務年度の法人に対する税務調査事績の概要が発表しなりました。

法人に対する調査件数は、約94,000件、国税通則法改正前は130,000件以上実施されていましたので改正後は少ない状況が続いています。

法人の申告件数は増えており、同事務年度で2,825,000件となっておりますので、実地調査率は3.3%しかないことになります。

税務調査での否認割合は64,000件/94,000件→68%で、是認率は32%となります。

法人税調査1件当たりの増差所得は9,000,000弱です。
重加算税の賦課率である「不正発見割合」は19.7%となっており、相変わらず法人調査の5件に1件は重加算税が課されています。

8ページの別表3にある「不正発見割合の高い10業種」の顔ぶれもあまり変わっていませんでした。

詳しいデータはこちらでダウンロード (PDFファイル)
→ https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2016/hojin_chosa/pdf/hojin_chosa.pdf

セルフメディケーション税制

【セルフメディケーション税制】ご存知ですか?
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。
来年からは領収証をきちんと保存しておきましょう!

詳しい内容はこちらをどうぞ

→  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html