« 2017年1月 | トップページ

2017年4月

2017年4月26日 (水)

信用保証協会情報

神奈川県内の信用保証協会の「中小企業会計割引制度」の終了時期について(お知らせ)
平成25年度から保証協会において全国統一で行っている「中小企業の会計に関する基本要領」に基づく信用保証料の割引制度については、平成29年3月31日をもって取扱いを終了することとなりました。
しかしながら、現在保証申込を検討いただいている方の負担を勘案し、制度の終了に伴う周知期間として、平成29年4月1日から平成29年6月30日まで受付を行うこととし、その期間内においては、保証料割引を引き続き行なうことといたしますので、ご承知おきください。
詳細につきましては、各信用保証協会にお問い合わせ下さいますようお願いいたします。
〇 神奈川県信用保証協会ホームページ http://www.cgc-kanagawa.or.jp/
〇 横浜市信用保証協会ホームページ  http://www.sinpo-yokohama.or.jp/
〇 川崎市信用保証協会ホームページ  http://www.cgc-kawasaki.or.jp/

【居住用財産譲渡の3000万円控除の注意点】

確定申告の中で毎年多い注意事案をご紹介します。不動産関連事業の皆様やこれから自宅の譲渡を予定している方は参考にしてください。
税務署とのトラブルの多い事案は、売却された建物の登記簿謄本(登記事項証明書)をみると、種類のところが、「居宅」ではなく、「居宅・事務所」や「居宅・店舗」等と居宅以外の種類が記載されている事が以外にあります。この場合、税務署は建物の一部が居住用以外と思い特例の適用を否認してくるケースがあります。最終的な建物の利用状況が居宅の場合でも、通常は譲渡後に建物は取り壊されているケースがほとんどなので、譲渡後に証明するのが難しくなります。このようなケースでは譲渡前に全部を居宅として利用していた証明を写真や図面で残しておくことをおすすめします。
やはり譲渡の後より、譲渡の前に税金の専門家に相談しておくことをおすすめします。

« 2017年1月 | トップページ